2005/10/08

いつか訪れるその日まで(第十回)

   歳月

  お母さん 今日まで私によくついて来てくれたネ

  晴れの日も 雨の日も一緒に

  上り坂も下り道も手をつなぎ歩いたネ

  子供たちも巣立ち 添って歩んだ幾歳月

  数え切れない程の楽しかった想い出

  もっと先まで続く幸の果てまで

  歩もうとしていたのに

  不意につまずき 倒れて仕舞い

  いいさ 支えになってあげるよ 杖にもなるよ

  痩身でも支えるのは重いネ

  でも貴女を残してゆくよりは

  大切な人を見送った方が

  幸せかもしれない

  逢いたくなったら夜空を見るから

  私はここよと輝いてくれ

  想い出を抱いて耐えてゆくから

  (平成十五年) 第十一回へつづく


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/