2005/10/09

アカエリクマタカ



プライベートで久しぶりに鳥見に行きました。純粋にバードウォッチングを楽しむのが目的で、撮影するつもりはありませんでした。

ところが、コスタリカでは滅多に見ることができないアカエリクマタカの若様を見つけ、撮影せざるをえない状況になりました。何故かデジカメが手元に・・・・。(^○^)

長い間(三十分くらい)じ~っとしてくれたので、スコープでじっくり観察も出来ました。距離がとにかくあって、解像度は少し不満。八十メートルくらいあったでしょうか?デジスコでも苦しい距離でした。

成鳥は和名にあるように襟が赤茶で、見た目が全く異なります。冠羽があってハンサムな鳥です。森林伐採や狩猟が理由で、個体数が著しく減少しました。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/