2016/03/11

あれ?コスタリカにいないはずの蝶が・・・・?


 
チャマダラセセリ属、ラテン名: Pyrgus comunis 英名: Common Checkered-Skipper
 
北米に生息する蝶で、南限はメキシコ南部となっています。コスタリカには類似種が生息するのですが、手持ちの図鑑の識別点を見ると、Pyrgus comunisにしか見えません(識別点の四ヵ所全てが一致する)。

中米まで迷い込んでしまったのでしょうか?コスタリカで初記録かもしれません。
 

 
♂個体
 

 
♀個体
 
チャマダラセセリ属、ラテン名: Pyrgus oileus? 英名: Tropical Checkered-Skipper

そして、こちらがコスタリカで普通に見かける種です。ただし、類似種Pyrgus orcusも存在して、私には区別が付きません。図鑑にも識別点の記述がないので、困っています。
 

 
キバネスカシマダラ属、ラテン名: Dircenna dero euchytma 英名: Dero Clearwing 
 
以前に紹介した同属、Dircenna klugiiの蛹が金色でした。Dircenna dero euchytmaの蛹も同じかもしれません。
 
 

 
ベニボシシジミタテハ属、ラテン名: Melanis pixe sanguinea 英名: Pixie
 
以前に息子が撮影した画像を紹介しました。私が蝶探しに行く保護区では常連です。蛾のように見えるかもしれません。裏翅も全く同じ模様です。
 
全てリコーCX5で撮影
 
前回の記事にて、160を超えるナイス!をありがとうございました。よほど嬉しかったのか、息子の撮影意欲が増しています。しかも、望遠のきくコンデジが欲しいとか・・・・。(^▽^;)

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/