2005/11/02

アメリカンクロコダイル ギャアァァァ━━━(゚Д゚ll)━━━ !!!



不在中に沢山のコメントをありがとうございました。ブログに挫折しそうになった時期があり、「更新のペースを落とす宣言」を過去に出しました。

動きがすばやい野鳥をメインに撮影していたのが理由の一つなのですが、タイトル変更に伴い撮影の幅も広がりました。コメントも沢山いただけるようになり、更新する励みとなっています。これからも宜しくお願いします。

1975年以来、絶滅危惧種となっているアメリカンクロコダイル。保護により、ようやく復調の兆しが見えてきました。アメリカではフロリダ州のみに生息しています。


アメリカンアリゲーターと混同するかもしれませんが、体色や頭の形が異なります。最大で六メートルにもなる個体もいますが、大抵は二~四メートルくらいです。

私がガイドするロッジの一つは河口に面しており、マングローブ林があります。マングローブ・ボートツアーに参加すれば、容易にクロコダイルを観察できます。ボートの真横に来る時もあるので、迫力満点!

ここにはヌシがいいます。地元民には有名な話で、マイク・タイソンと呼ばれています(中米コスタリカで何故?)。全長六メートルはゆうにあろうかの巨大さ。他のクロコダイルとは桁違いの大きさです。まさしく映画のように超巨大化した感じでした。

過去に数回目撃した事があるのですが、あまりの大きさに恐怖さえ覚えました。ボートにぶつかって来たら転覆間違いなし。クロコダイルが人間を襲う事は非常に稀なので、心配は無いと思うのですが・・・・。

注:上の個体はマイク・タイソンではありません。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。(もうクイズは勘弁して~)。マイク・タイソンはある事を何度もして、地元民に迷惑を掛けています(憎まれているかも)。ある事とは何でしょう?(ーー;)うーん?

正解は矢印の下にあります。







正解は「近所の犬を食べる」でした。引き潮の時に水辺にやって来る犬を襲い続け、既に十匹以上が犠牲に・・・・。nonbirikurasuさん、正解で~す!


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/