2005/11/04

コスタリカの飲み物(agua de pipa)





コスタリカだけでなく、中南米なら一般的な飲み物であるagua de pipa(ココナッツ・ジュース)。栄養満点らしく、疲れた時に飲むと美味しいです(好き嫌いあるかも)。

この日、お客さんの飲み物にとロッジ内にあるココナッツを取ることになりました。「おまえ、登れるか?」とオーナーが笑いながら言いました。ゞ( ̄∇ ̄;)おいおい無理だって。


二十メートルはあるかもしれない。「猿じゃないんだから、登れるかい!」と直ぐに返答。結局、近所のお兄さんが登る事になりました。

なんと、このお兄さんは猿のごとく、あっという間に天辺まで登って行きました。(*゜□゜*)ぎょぉぉ!そして、幾つかの塊を青いロープに結び付け、スルスルと下ろしました。

こうして五、六十個くらいあったココナッツが、短時間で地面に到着。やはり地元民はただものではないですよ。ちなみにお兄さんへの報酬は約1,200円でした。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。オーナーが全てココナッツを取りたかったのは、お客さんに飲んでもらうためだけではなかったのです(後で本音を聞いた)。実は「ある事」を心配していたオーナー。そのある事とは?(ーー;)うーん

正解は矢印の下にあります。







正解は「自分の車の上にココナッツが落ちてくるのが心配だった」でした。落ちてくるのを心配するは分かっても、何の上に落ちるのかまでは難しかったですね~。

以前、見事に車の上に落ちたそうです。古いけど一応メルセデスだし。走行中に木が倒れてきて車が半壊したなんてエピソードもあります(同じメルセデス)。大型バスに激突して半壊した事もあります(同じメルセデス)。


もう七十四歳なのに、凄いスピードで運転しています。乗せてもらっている私は怖い。σ(^◇^;;


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/