2005/11/07

○○○○○○○○ハチドリ



不在中に沢山のコメントをありがとうございました。いつの間にかファンの数も130人を越え、嬉しい悲鳴をあげております。ちょっとマニアックなブログですが、これからも宜しくお願いします。皆様のブログにも出来る限りお邪魔しますので、末永くお付き合い下さい。m(。・_・。)m

さあ、今日は○○○○○○○○ハチドリの若様の御登場。現在まで五十二種のハチドリが国内で記録されていますが、○○○○○○○○ハチドリは希少種で、限られた地域でのみ観察出来ます。普通の観光者ではまずお目にかかる事はないでしょう。

この日、ホタカソウの一角で○○○○○○○○ハチドリの若鳥二羽、スミレガシラハチドリ一羽、ミドリトゲオハチドリ一羽、ハイバラエメラルドハチドリ二羽が激しい縄張り争いをしていました。私は○○○○○○○○ハチドリの成鳥(大人)を撮影したかったのですが、いませんでした。

翌日、同じ場所にて、ようやく○○○○○○○○ハチドリの成鳥が現れました。しかし、新参者は追っ払われるのが当たり前の世界。何度も何度も蜜を吸おうと試みましたが、その度に撃退されました。そして撮影するチャンスもありませんでした。残念!

仕方が無いので若鳥を撮影しました。早速、自宅のパソコンで画像を見ると、ホタカソウの茎で体の一部が隠れているではありませんか(ガ~~~~~ン)!?液昌画面では気が付かなかった・・・・。(T ^ T)くぅぅ~

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。○○○○○○○○ハチドリの成鳥は他のハチドリと比べて、ユニークな外見をしています。それはどのようなものでしょう?(ーー;)うーん?鳥好きの方には簡単?

クイズの正解を書き記す場所を変更します。今までは次の記事に記載していましたが、これからは同じ記事の一番下にします。勿論、出題した日には書いてありません。明日をお楽しみに。

正解は矢印の下にあります。







正解は成鳥には冠羽があるでした。頭頂から何本か長い毛がフサフサ生えている感じです。成長するにつれて、長くなっていきます。ちなみに○○○○○○○○の部分はクロツノユウジョで、和名はクロツノユウジョハチドリ(角のように毛が生えたハチドリ)です。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/