2005/11/10

ベニモンヒョウモンモドキ 





アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne janais janais 英名: Crimson Patch 

注: 上下の画像は、別々の個体です。

開けた場所を好む蝶なので、公園やお庭にも来ます。森林伐採が進むと、大好きな野鳥に悪影響です。皮肉にも蝶の生息地としては、このような環境が適しているようです(勿論、原生林を好む蝶もいます)。

天気が良ければ、牧草地やバナナプランテーションに沢山の蝶がとんでいます。「緑」を失った代償として、綺麗な蝶が観察し易くなるのですから、複雑な気持ちになりますね。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題で・・・・あれ、今日は何もありませんね。明日は強烈なクイズ出します。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/