2005/11/12

ヒゲドリ



現在も受付中の「コスタリカで何をしたい?」ですが、既に百人以上の方々に投票していただきました。ありがとうございます m(。・_・。)m 


現在のところ「ナマケモノと一緒に怠ける」が第一位。最近、ナマケモノの写真を沢山貼ったのが理由でしょうか?まだ、親子の写真を公開していないぞ~。

話を投票に戻しますが、人気がないのがヒゲドリ。みんなは髭をひっぱりたくないのか~~~。あまりに不憫なので再登場させます。「さあ、蘇るがいい、アイ○ン・シ・・・・もういいや、このネタ」この鳥こそタイトルに相応しい愉快な仲間だ~~~!!!

これでヒゲドリへの投票があるかどうか・・・・。ちなみにヒゲドリは絶滅危惧種です。

(ノ_・。)

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。ヒゲドリは隣国パナマにも生息しています。コスタリカ(モンテベルデ地方)の個体とパナマの個体にはある違いがあります。その違いとは何でしょうか?(ーー;)うーん?鳥好きの方には簡単かな。

正解は矢印の下にあります。







正解は鳴き声が違うでした。いわゆる鳥の方言です。金属音のような声で鳴くヒゲドリですが、パナマの個体には「ボォ~ン!」、「キ~ン」以外に「クワック」が追加されています。


SENKOさん、正解です。流石、ディフェンディング・チャンピオンです。おめでとう(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 今回は挑戦者が少なかったので残念でした。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/