2005/11/30

コミドリヤマセミ



昨日、マングローブ林について書いたので、そこに棲む生き物をついでに紹介します。「一人だけ蘇れ、アイ○ン・シ○フ」・・・・ってこのネタはもう勘弁してくれ~。σ(^◇^;;


 ボートツアーで常に人気を誇るコミドリヤマセミです。全長はわずか十三センチしかありません(日本のカワセミは十七センチ)。

このボートツアーでは最大で五種(一種は渡り鳥で越冬の時期のみ)のヤマセミを観察できます。日本のバードウォッチャーの皆さんはカワセミ、ヤマセミが大好きなので、常に好評なツアーです。最も見つけるのが難しいのは、やはりこのコミドリヤマセミ(とにかく小さい)。

他のヤマセミと違って、マングローブ林の奥まで入って探します。ボートで狭い水路を進みます。小型にも関わらず警戒心が薄く、近寄っても平気な顔して獲物を待っていたりします。


ボート上では揺れてデジスコ撮影は困難です。ボートマンに横付けしてもらい、400mmでなんとか撮影出来ました。

マングローブ林にはこんなにも可愛らしい生き物が生息しています。開発がどんどん進めば、その姿を拝むのも難しくなる事でしょう。コミドリヤマセミや他の生き物がいなくなっても、我々の生活になんら影響はありません。しかし、そんな事態にならない事を祈っています。

最近、クリスマスカラーの被写体が続いているのは偶然?

再び明日から十二月五日(日本時間)まで不在になります。楽しい週末をお過ごし下さい。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/