2005/12/05

ハキリアリ



不在中に沢山のコメントをありがとうございました。 m(。・_・。)m これからも泊り込みの仕事が続きます。不定期更新になりますが、今後とも宜しくお願いします。

今日の愉快な仲間達は、新熱帯区の顔とも呼べるハキリアリです。日本でもテレビ等を通じて知られている事でしょう。熱帯雨林の散策路を歩いていれば、かならず見かける光景です。延々と続くハキリアリの行列を観察するのは、実に楽しいものです。

話が長くなるので詳しくは述べませんが、ハキリアリは熱帯雨林のサイクルに重要な役目を担っています。その存在無しに熱帯雨林の維持は不可能とも言えます。

また、ハキリアリの運ぶ葉は食物となる特殊な菌を培養するために使用されますが、時折↑の画像にように花を運ぶ個体もいます。 

このアリについて書きたい事は沢山あるのですが、それはまたの機会に。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。ハキリアリの行列には天敵から身を守る大型の個体、「ボデイガード」が存在します。ハキリアリの最大の敵とは何でしょう?(ーー;)うーん?

1.アリクイ
2.サル
3.ハチ
4.イグアナ
5.ハエ
6.アリドリ
7.上記のどれでもない

正解は矢印の下にあります。







正解は五番のハエでした。ウシバエ(Dermatobia hominis)は寄生するハエで、ハキリアリの首の付け根に卵を産み付けます。卵が孵ると勿論、ハキリアリは死んでしまいます。それを防ぐために大柄の個体、「ボデイガード」が行列を守っています。


ウシバエは人にも寄生し、ヒトヒフバエとも呼ばれています。ちなみに幼虫はベーコンの脂を患部につけると取り除けるそうです。絶対に体験したくな~い!!!残念ながら、今回の正解者はいませんでした。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/