2006/02/01

コスタリカの怪しげな固まり? !?(゚〇゚;)マ、マジ...



しかし、ホントに重くなりましたね~。まあ、ブログ開設者が増えているのだから、当たり前なのかもしれません。日本時間の深夜二時以降でもこの重さとは。一体、何時に更新すればいいのじゃ~\(≧∧≦)/ムカッ!!

前回シロアリの巣に営巣するシロエリオオガシラを紹介しましたので、実物の巣をお見せしなければなりませんね。この怪しげな固まりこそがシロアリの巣です。コスタリカだけでなく新熱帯区であれば、あちこちで見かけます。直径五十センチくらいの巣もあります。

「コスタリカと愉快な仲間達」さあ、ここで問題です。どうしてシロアリは木の上に巣を作るのでしょうか?(ーー;)うーん?これは簡単かな?

正解は矢印の下にあります。







正解は「洪水による水浸しを避けるため」でした。また、「アリとの縄張り争いを避ける」という説もあります。

SENKOさん、grumpycarebearさん、ramiさん、SATOKOさん、カヤさん、コマさん、reddragonさん正解です。airaiyaさんは折角、正解を書きながら辞退したので、おまけ正解(5点)にします。おめでとうございます(@゜▽゜)ノ。・:*:・゜★,。・:*:・゜☆ 

「天敵アリクイを避けるため」の意見もありましたが、コスタリカにいるコアリクイは木にも登ります。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/