2006/07/20

ウラモジタテハの大集団



七月十六日に無事エクアドルより帰国しました。

凄いお土産やクイズねたも幾つかあります。次回はクイズもあります。お楽しみに。

取り敢えずは、東アンデスで見かけたウラモジタテハです。十メートル四方くらいの場所に、この蝶が数百頭ほど集まっていました。アマゾン流域でもこれほどの個体数を一度に見た事はありません。凄かったです。

八月のブログ閉鎖に関して幾つかコメントをいただきました。おぴ~さんが仰るように不定期更新で良ければ、継続も可能かもしれません。一週間に一度程度の更新でも良いでしょうか?

追記: ネット検索の結果、ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria neglecta 英名: Neglected Eighty-eightとラテン名: Diaethria clymena bourcieri 英名: Cramer's Eighty-eightの二種がいるようです。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/