2016/04/30

この時期、蘭は咲いていないと断言されました!

家族旅行特集、最終回
 
ロッジにチェックインする際に、オーナーご夫妻と話す機会がありました。私が野生蘭探しに夢中で、このエリアならではの種を探しに来たと話しました。

すると、旦那さんがキッパリ一言。「この時期、蘭は咲いていないよ。咲いていたら、匂いで分かるから・・・・「そうなんですか、残念だな~」と返答しつつ、内心そうは思っていませんでした。そもそも、全ての蘭に強い芳香はありません。

「客の楽しみをいきなり否定することもないだろうに・・・・」と思いました。こうなったら、意地でも見つけてやる」と決意を固めました。
 


ラテン名: Scaphyglottis mesocopis 



こんな感じで、咲いていました。
 
部屋に荷物を入れて、蘭探しを開始して五分未満で見つけました ヽ(^◇^*)/ワーイ部屋の近くの倒木に着生していました。
 


ラテン名: Specklinia chontalensis
 


こんな感じで、咲いていました。
 
牧草地の杭に着生していました。いかにもダニがいそうなエリアだったので、撮影には勇気が要りました。
 


ラテン名: Cohniella ascendens
 


こんな感じで、咲いていました。
 
株には葉が一枚も付いていませんでした。蕾も斑点模様なのが、オシャレだと思いました。以前はオンシジューム属でした。
 


ラテン名: Epidendrum centropetalum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
ロッジの敷地ではなく、帰路の途中に見つけました。今まで体験したこともないような強風が、吹いていました。大柄の私(身長185センチ)が、吹き飛ばされるかと思ったほどです。ですから、撮影は困難を極めました。
 
花茎が長いので、花が揺れまくります!花茎をシッカリ手で抑えて、風が弱まった瞬間に片手で撮りました。ブレなく撮れたので、リコーCX5は優秀なカメラだと再認識しました。
 
結局、ロッジの敷地内と周辺で十種(五種は初見)を見つけることができました。撮影した画像をオーナー夫妻に見せたら、ビックリしていました。
 
「どこで見つけたんだ?」と旦那さんに聞かれました。「大半はロッジの敷地内です」と私はニッコリ微笑みながら、返答しました。実際に、極小類の花が咲いている場所に案内したら、更に驚いていました。ここに勝利宣言です!(*^0゚)v ィエーイ☆彡
 
最後の二枚のみリコーCX5で撮影
残りは全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 
 
特集いかがでしたか?次回からは通常の記事に戻ります。皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/