2007/01/18

コスタリカの子供達



お客さんとフクロウを観察していたら、子供達がゾロゾロと出現。お客さんの巨大なカメラや、私のスコープが物珍しかったようです。

フクロウにスコープをセットし、子供達に順番に見せました。鮮明に見えるからでしょうか。子供達は興奮しまくり状態でした!


この後、ナマケモノも観察し、更にボルテージがアップ。おまけにチュウハシ(オオハシの小型版)まで出現し、大興奮!どの子も自然のチュウハシを見るのは初めてだったようです。

一生懸命に観察する子供達の瞳は宝石のように輝いていました。最高の笑顔に充実した一日でした。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/