2007/02/12

Terminalia oblonga



PURA VIDA!の三回目を読んでいただけましたでしょうか?トップに載っているTerminalia oblongaの木は、下から見上げたショットです。横から見ると、こんな感じです。この木はまだ若く、ひょろ長いですが、四十メートルくらいまでなると、板根も立派です。

撮影する角度によって、随分と雰囲気が変わるものです。オオツリスドリの巣はこの方が良く見えますね。長さ二メートル近くにもなる巣もあるそうです。ちなみに、家の玄関前に古巣をぶら下げています。

PURA VIDA!へのリンク


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/