2007/03/06

ヒメテンニョゲラ



これも先日のツアーからの一枚です。駄作なのですが、敢えて掲載しました(空抜け、しかもオーバー露出)。青空が背景で順光だったら・・・・。

掲載理由はヒメテンニョゲラのうろこ状の模様を見てもらいたかったからです。スコープで見るうろこ模様は、溜め息が出るほど綺麗でした。この鳥の場合、背中を見る機会が多いので、改めてその美しさを痛感しました。

私のように仕事も趣味も同じ人間になると、普段の観察が雑になります。この鳥の持つ美しさをしばらく忘れていた訳です。お客さんは勿論、大喜びでした。しかし、それ以上に喜びを感じたのは私かもしれません。何事も初心に帰るのが大事ですね。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/