2016/06/22

国内で400種目の野生蘭を撮影しました!でも将来の見通しは・・・・?

本格的に野生蘭を探すようになってから、一年半ほど経ちました。先日、四百種目を撮影しましたコスタリカには1,600種を超える蘭が記録されているそうなので、まだ四分の一ほどしか撮影していないことになります。

しかし、三、四ヶ月ほど前から、未見種との出会いが著しく難しくなりました。ようやく、咲いている株を見つけても、同じ種ばかり・・・・。常に新しい出会いを求める私には、ストレスの日々が多くなりました。

「以前は当たり前のように咲いていたのに、環境破壊や盗掘が原因で姿を消してしまったから?」「未見種の株を見ているのに、開花していないので気が付かないから?」「単純に、探すのが下手だから?」

理由は色々あると思いますが、二年目でこのような状況になるとは、全く予想していませんでした。日帰りだと、せいぜい片道二、三時間くらいの場所にしか行けません。しかし、今後は更に遠くへ出掛かる必要がありそうです。500種目の達成は、いつになることやら・・・・。



ラテン名: Stelis triangulabia(固有種)?



こんな感じで、咲いていました。

記念すべき四百種目はステリスの仲間で、牧草地の杭に着生していました。今まで見た中でも最小類で、花の大きさは二ミリほどあります。同定が正しければ、酷い臭いを発するそうです。私は気が付きませんでしたけど・・・・。

この場所はヌカカの仲間(吸血性のハエ)が大量発生します。散策中に両手がボコボコに腫れ上がり、発熱するほどでした。また、痒みがなくなるまで、数日を要しました。蚊が可愛らしく思えるほど、ヌカカの仲間は凶悪です。ヌカカなんか、いなくなれ~\(*`∧´)/ ムッキー!!

キャノン・パワーショットSX60HSで撮影



ラテン名: Scaphyglottis prolifera



こんな感じで、咲いていました。

こちらも牧草地の杭に着生していました。エピデンドラム属、プロスセケア属も一部の種がそうなのですが、花を逆さまに付けるようです。カラーバリエーションが存在するのか、この花は紫色が濃く出ていました。

リコーCX5で撮影



ラテン名: Prosthechea crassilabia



こんな感じで、咲いていました。

このプロスセケアの仲間も、花が逆さまに咲きます。私が頻繁に訪問する国立公園では、ごく普通種です。開花も年に数回あるようです。

キャノン・パワーショットSX50HSで撮影



ラテン名: Lepanthes wendlandii



こんな感じで、咲いていました。

レパンセス属としては大型で、花の大きさは一センチほどあります(通常は三ミリ~五ミリ)。薄暗い場所に咲いている種なので、撮影は容易ではありません。

この株は森のギャップで見つけたので、三脚なしでも撮影することができました。今まで見た中でも、屈指の美しさを誇るレパンセスだと思いました。

リコーCX5で撮影

蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/