2008/01/31

コスタリカの絶滅危惧種(ヒワコンゴウインコ)







エクアドルでの長期ツアーから戻りました。流石に昨夜はヘロヘロ状態。帰国すると嬉しいメールがありました。(*^▽^*)

2006年の年末年始に行われたヒワコンゴウインコの募金ツアーで、「購入保護」したDipteryx panamensisの木です。写真が保護団体より届くのに一年以上掛かりました。実際に営巣が確認されてからの購入なので、事情は分かるのですが・・・・この辺がいかにもラテンだな~。

今年も三月頃には「我々の木」に戻って来て、営巣してくれるでしょう。

今年も年末年始に募金ツアーを行う予定です。

ちなみに、国内に40ほどの巣が確認されていますが、我々の木は13番目に保護されたものでした。まだ、半分も保護されていないわけで、いつ木が切り倒されるか分かりません。

一枚目の写真:募金ツアー時に撮影したヒワコンゴウインコ

二枚目の写真:「購入保護」したDipteryx panamensisの木と保護団体の方々(こんな風に私有地にポツリと立っていたりします)

三枚目の写真:募金者と私の名前が記載されたプレート(ツアー参加者の皆さん、ありがとうございました)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/