2008/04/05

Thunbergia sp. (ツンベルギア)



キツネノマゴ科で、ヤハズカズラとも呼ばれているそうです。原産地はアフリカらしいのですが、中南米では高地で見かけます。宿泊先のロッジの庭先や、建物の壁などで、ギッシリと蔓を伸ばして咲いている様子に一目惚れ。

そっけない塀を花で飾りたいと思い、最近数株を購入。トケイソウも少し追加してみました。蔓性の植物は育つのが速いですね。買った苗は二十センチにも満たないものでしたが、今では一メートルを超えるようになりました。

日本でも園芸店で購入できるようです。

ハチドリはツンベルギアの花には興味ない?今のところ花の近くに来たことがありません。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/