2008/05/08

アイラッシュ・ヴァイパー ギャアァァァ━━━(゚Д゚ll)━━━ !!!



「ヘビはいませんか?」お客さんによく聞かれます。熱帯雨林だから、勿論います。毒ヘビも。

コスタリカにはアイラッシュ・ヴァイパーが生息しています(六種のカラー・バリエーションあり)。黄色のが個人的には最も綺麗だと思うのですが、地元民にはOropelと呼ばれ、恐れられています。子供や年寄りなら、咬まれた個所が悪ければ、危ないかも・・・・。(≧◇≦)

とは言ったものの、毒ヘビは夜行性が基本ですし、滅多に遭遇しません。散策路なら先ず安心です。

この個体は地面スレスレにいて、普段鳥探しに夢中の私には気が付かないでしょう・・・・って、結局、安全なの、どうなの(笑)?


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/