2009/05/13

ケツァール(カザリキヌバネドリ)





どうしたんだケツァール!?今年はツアーで訪問するロッジ周辺で営巣が確認できませんでした。五ヶ所回ってゼロ!!こんなこと初めて(鳥自体はいる)。

理由1: 観光客やバーダーがフラッシュ撮影するので、遂に血管が切れて周辺で営巣するのをやめた?
理由2: 二月に突風が吹いて、周辺の木がバタバタ倒れた。主食のアボカドの実もボトボト落ちたので、それが影響した?
理由3: 単に私の視力が低下して、巣穴にいるケツァールが見えない?

個体数が多くない鳥なので、ちょっと心配。(ーー;)うーん 理由3かも(笑)。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/