2010/06/24

オナガレンジャクモドキ



私が過去に何度もご案内しているお客さん(撮影家)がいて、その方の希望する撮影条件がこれまた厳しいんですよ。

「撮影する時に鳥の尾や、体の一部に枝や葉が被ったら駄目なんです」初めて聞いた時、目が点になりました。(・。・)それって、普通無理ですから・・・・。

でも、それ以来「できるだけ葉被り、枝被りがないように写してみよう」と思うようになりました。

このオナガレンジャクモドキ。背景も上手い具合にボケました。枝には苔が付着しているし、結構雰囲気も良いかと。下腹の一部にちょっと枝被りがありますが、これくらいならOKでしょう?


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/