2012/03/28

コスタリカの洪水 ガ━━━━━∑(゚Д゚ll)━━━━━ン!!!





四月の後半から11月までは雨季のコスタリカ。この時期は毎年のように土砂崩れや洪水が発生します。地方では床上浸水など当たり前。カヌーやボートで移動するシーンがニュースでも放送されます。

しかし、まさか自分がそのような場面に直面するとは思いませんでした。先月のツアー先でのできごとです。カリブ海側には明確な乾季が存在しないため、この時期でも雨が降る可能性があります。

夜中にかなりの大雨が降りました。ここでは珍しいことではなく、翌朝には雨もほとんどやんでいました。宿泊先の警備員さんに朝の挨拶を交わしたら、いきなり意味不明の説明を受けました。「ボートないと渡れないよ。長靴あっても無駄。泳いで食堂まで行く?」(・_・?)

なんと一夜にして道路が湖と化しており、ボートで渡る状況となっているではありませんか(結局、翌日には水が引いたので、水路が詰まっていたのでは・・・・)!?

参加していただいたお客様には、ホントご迷惑をお掛けしました。私の緻密な(?)鳥探しのスケジュールも狂ったし・・・・。

二枚目の写真:橋の右にはズアカエボシゲラ(いわゆるクマゲラ)の巣があったのですが、巣穴の20cmほど下まで水が来ていてビックリでした。( ̄Д ̄;)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/