2012/11/21

エクアドルの野鳥 高~い場所から撮ったよ~

エクアドル特集、その九




標高四千メートルを超えるパラモで撮影しました。訪問前に高山病に効果のあるお茶、コカ・コーラ、チョコレートなどを飲食し、万全の対策をして臨みました。

晴天下には六千メートル近くある雪山を二つ拝むこともできます。エクアドル=赤道直下の国とは思えない景色が広がっているんですよ。

マダラコシジロカラカラは、この私有保護区に「ウジャ、ウジャ」います。猛禽がウジャ、ウジャって表現も変ですが、多い時は数百羽が地面にたむろしています。「あそこにも、ここにも」って、次々に出て来ると、有り難味もなくなりますよね~。(^▽^;)

この標高になると樹木もほとんどなく、猛禽の餌となる生き物も少ないと思いますよね。どうして、こんなにいるのでしょう(゚_。)?


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/