2013/01/08

超(蝶)小さいけれど、メチャ綺麗! (^○^)



ニシキシジミタテハ属、ラテン名: Sarota gyas? 英名: Guyanan Sarota

是非とも見たかった蝶です。コスタリカの蝶図鑑(第二巻)の表紙を飾る種だったからです。しかし、図鑑には活動時間が短く、サイズ的にも容易に見過ごしてしまうと書かれています。

前翅長が一センチほどですから、余程注意していないと、見つかりませんよね。特に、上ばかり見ている野鳥ガイドの私には・・・・。

しかし、出会いは意外と呆気ないものでした。ツアーの昼休み中に外に出ると、伸びた草や植物を刈っている方々がいました。

「こういう場所に虫がたくさんいるのに、刈っちゃうの~」と思いながら、少し歩きました。すると、刈られた落ち葉に小さな蝶がとまっていました。しゃがみ込んで横から見ると、ビックリ仰天!ヒメニシキシジミタテハでした。

これで念願の一つがかないました。マイ・ドリーム・バタフライのお話でした!!(*^-゚)vィェィ♪


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/