2013/01/24

ハチに擬態したゴキブリ ∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?



Pseudophyllodromia属、Wasp-mimicking Cockroach

wasp(ワスプ)はスズメバチ、ジガバチの意味で、それらに擬態したゴキブリです。

画像では隠れて見えないのですが、口の近くに白い触角のような部分(palps)があり、絶えず動いていました。動きもハチにそっくりで、完全になりきっているんだな~、と感動しました。

腰に持病を抱えていて(高校時代、バレーボールで脊髄を痛めた)、団体ツアーはスーツケースのバス入れが大変です。明日から数日はまともに立てそうにないので、その分、パソコンに時間を費やせそうです。σ(^_^;)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/