2013/04/26

コスタリカ版アキマドボタル(゚_。)?





マクロ機能の強力なコンデジが欲しくなった時、ネット検索で見つけたリコーのCXシリーズ。ズームマクロの素晴らしさに、撮るのが楽しくなりました。

購入前、そのCXシリーズを検索している時に、偶然見つけた虫のブログがありました。その方が撮影されたマクロ画像を見て、ますます同カメラが欲しくなりましたね。

その中の一枚に対馬のアキマドボタルの画像がありました。あまりに鮮明な画像だったので、今でも強く記憶に残っています。

数ヵ月後、鬱蒼とした熱帯雨林で、外見がそっくりの蛍を見つけました。薄暗いジャングルの中、ストロボなしの撮影なので、ブログで見たような感動的な写真にはなりませんでしたが・・・・。σ(^_^;)

追記:対馬のアキマドボタルは赤い部分が光るようです。ですから、この蛍も同じでしょうね。眩しくないのかな~。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/