2013/05/16

エクアドルのカミキリムシとコガネムシ ようやく見れました~

エクアドル特集、その七






昆虫を積極的に撮影するようになってから、まだ一年未満の初心者です。ただ、虫はウジャウジャいますから、過去に様々な出会いがありました。

しかし、日中にカミキリムシを見たことがありませんでした。五ミリ以下の虫でも見つけられるのに、どうして大型のカミキリムシが・・・・と思っていました。

ようやく、宿泊先の壁にへばり付いている個体がいました!外灯に惹かれ、そのまま日中まで居座っていたのでしょう。これでは見つけたとは言えませんが、それでも嬉しかったです。

ハンミョウも巡り合わせが悪いのか、見たことありません。
妻と息子でさえコスタリカで見てるのに・・・・。(T△T)

コガネムシは夜に蛾の観察に行った時に、壁にへばり付いていました。しばらくすると、ブンブン飛び始め、私の服にとまりました。同じ緑でも濃淡の違いで、随分と印象が変るものですね。

咳は相変わらずですが、今朝は熱が下がっていました。今日から通常どおり、家事&育児の生活に戻れるかな。

追記: カミキリムシのラテン名はChlorida festivaのようです。
 


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/