2013/06/21

憧れの蝶に興奮しました!



ヒイロシジミタテハ属、ラテン名: Mesene margaretta semiradiata 
英名: Zebra-tipped Metalmark

アメリカ大陸にはシジミタテハというグループが存在します。カラフルな種が多いのですが、見つけるのには苦労します。葉の裏側に隠れている種が多いからです。地上から数メートルの場所にとまる種もいれば、膝下くらいの高さに隠れる種もいます。

私は身長185センチと長身なので、低い場所を探すのは苦手です。そこで、最近では鏡を使って、葉の裏を探したりもしています。

コスタリカの蝶図鑑(第二巻)には約250種のシジミタテハが掲載されているのですが、どれも魅力的な蝶ばかり。中でもMesene(ヒイロシジミタテハ)属は、是非とも見たい蝶でした。

やはり葉の裏にいたので、露出に苦労しました。興奮で手が震えていたかもしれません。大きく見えますが、前翅長一センチ半もありません。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/