2013/06/28

メガネフクロウ この鳥を最後にカメラが昇天しました!





先日、一眼が再び故障したとお伝えしました。完全に沈黙する前に撮った最後の被写体が、このメガネフクロウでした。フィーナーレを飾るのに、相応しい鳥さんだったかと・・・・。σ(^_^;)

このフクロウを日中に見せることができる場所が、二ヶ所ありました。一ヶ所はロッジの敷地内だったのですが、オーナーがねぐらの竹林を切ってから、見つけるのが難しくなってしまいました。

もう一ヶ所は、国立公園内にある秘密の場所でした。ところが、園内で毒蛇による死亡者が出たため、散策路以外は進入禁止となり、行くことができなくなってしまいました。

そして、ようやく新しいねぐらを見つけることができました!日中のフクロウはツアーのハイライトになるので、長く居座って欲しいものです。(^○^)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/