2013/07/12

私が主役です!





ウラモジタテハ属、ラテン名: Diaethria clymena marchalii 
英名: Cramer´s Eighty-eight

注: 上下の画像は、別々の個体です。

昨日、ツマグロタテハ属の蝶をアップしました。ようやく開翅シーンを撮影した直後に、大好きなウスズミウラモジタテハを見つけました。

エクアドルでは撮影しているですが、コスタリカ亜種は初めてでした。特に、二週間ほど前に撮り損ねていたので、ドキドキしました。撮れませんでしたが、表翅は黒いボディに、ターコイズブルーの縦バンドがあります。

取り敢えず、証拠写真を撮り終え、妻や息子に画像のお披露目です。「88バタフライが撮れたよ~」「でも、88というか98だよね、コレ」と妻が一言。「やったね、ダディ!」と息子は興奮気味に褒めてくれました。(^○^)

この後、前座となったTemenis laothoe hondurensisがとまっている電柱に、主役も移動しました。実際には↑の画像を左に90度回転させた格好で、とまっています。それにしても、この電柱は人気がありますね~。

↑の一枚を撮り、我々は散策路に移動しました。二時間ほどで戻って来たのですが、そこで予期せぬシーンを目撃しました!そのシーンは、明日のお楽しみということで・・・・。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/