2013/07/14

オオシギダチョウ 意外な時間帯に・・・・



いつものように、ツアーの昼休み中に蝶を探していました。丁度、ウズマキタテハを見つけて、ルンルン気分でした。高温多湿な熱帯雨林の日中は、鳥の姿もありません。しかし、しばらく休憩していたら、遠くに丸い生き物が見えました。

「こんな時間にオオシギダチョウ!?」普段は早朝、夕方に行動する潜伏性の強い鳥なのです。警戒心もそこそこ強いと思うのですが、ドンドン私の方向に近付いて来ます。そして、なんと私の目の前、わずか三メートルほどまで来てしまいました|)゚0゚(| ホェー!!

これだけの近距離になると、コンデジでも撮影できちゃいました。意外な時間帯に、意外な鳥が、意外な行動をとってくれました。ちなみに、外見からは想像も付かないような、美声の持ち主(フルートの音に似ている)です。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/