2013/07/31

コスタリカの人気ビーチと家族旅行

家族旅行特集、その一
 
昨夜、戻りました。予想通り、観光客がウジャウジャいて、ウンザリでした(次々にネイチャー・ガイドが団体を連れて来るので、目当ての蝶も探せない結果に・・・・)。
 
どのガイドも生き物がいる場所を事前に分かっていて、同じ場所にとまってはナマケモノ、コウモリ、カエル、バッタなどを機械的に見せていて、笑えました。こういった場所では案内したくない、と思いました。面白味がありません。
 
また、私が撮影していると、好奇心で近寄って来る客も多々いて、気が付くと背後霊みたいなプレッシャーが・・・・。σ(^_^;)普段、人気のない場所で撮影していることが多いので、キツかったです。
 


早朝、雨が降っていたので、初めはビーチも閑散としてました。後には喧しい学生などが怒涛のように押し寄せ、私には悪夢の世界でした。(。□。;)逆さガビーン!!それでも妻と息子は楽しんでいたので、我慢、我慢。
 
マヌエル・アントニオ国立公園は、観光客に絶大な人気を誇ります。理由はビーチだけでなく、哺乳類を容易に観察できるからだと思います。ビーチまで続く散策路を適当に歩けば、ナマケモノなど普通に見つかります。また、ビーチには餌目当てで、サルやアライグマが何度も来ます。
 


カオジロ(ノドジロ)オマキザルの家族でしょうか。順番に背中をカイカイしてもらってました。
 


ラテン名: Cardisoma crassum 英名: Mouthless Crab
 
サルと来たら、カニでしょう。「気を付けないと、マングローブノスリに食べられちゃうよ~」
 


旅の途中、あちこちでフルゲンズナンベイツバメガを見かけました。今年は「大移動」の年なのかもしれません。

この個体は、車にでも衝突したのでしょうか。道端に落ちていました。動くのが精一杯という感じだったので、道端の葉に乗せておきました。「大移動」の年になると、道路が死骸だらけになることもあります。
 
こんな場所は二度と訪問しないぞ~、と旅行中に愚痴ってました。それでも、旅の後半にはそれなりの成果もあって、そこそこ楽しめました(ビーチ滞在は三日目でやめて、別の場所に移動した)。
 
複数回にわたり、旅行中に撮影した画像をアップします。残念ながら、野鳥の画像はありません。やはりコンデジでは撮れませんでした・・・・。
 
今日はツアーの下準備で忙しいので、皆さんのブログには後日訪問させていただきます。いつも沢山のコメントありがとうございます。☆⌒(*^-゚)v Thanks!!

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/