2017/03/07

カンムリカラカラ 世界初?奇跡のコラボが実現しました!&息子が八歳になりました!

CrestedCaracara.jpg

前回の記事の続きです。念願の国花の撮影を終え、帰宅しようとした際に、カンムリカラカラ(メキシコの国鳥)が飛来しました。

蘭とのコラボは、一度は撮ってみたいと思っていました。以前に、ハゲノドトラフサギと蘭のコラボが実現しましたが、花が咲いていませんでした・・・・。(^▽^;)


今回は単なるコラボではありません。コスタリカの国花と、メキシコの国鳥の「夢の共演」です。世界初で、ほぼ間違いなしのコラボ画像だと思います。

Guarianthe skinneriで検索してみてください。出て来る画像は鉢植えか、低木に人間が着生させた株ばかりです。ある方がメキシコで撮影した画像のみ、自然に咲いた状態です。やはり、この方の画像でも、手の届かない巨木に着生しています。故に、盗掘を免れているのでしょう。

ですから、この蘭が自然に咲いている画像自体が、世界的にも非常に希少だと分かります。そして、野鳥とのコラボとなると、まさに奇跡ではないでしょうか。自分でも凄い瞬間を撮ってしまった気がしました。 顔を激しく上下させていたので、ちょっとピントがあまいんですけどね~。



何を食べていたのでしょう?オリジナルの画像で拡大しても、分かりませんでした。



しばらくすると、もう一羽が飛来しました!



巨木の別の枝に移動し、最後は二羽が並びました。狭い隙間からの撮影を強いられ、窮屈な構図になったのが悔やまれます(強烈な陽射しも・・・・)。でも、この一点でしか、撮影できなかったんです。

全てキャノン・パワーショットSX60HSで撮影



今日で息子は八歳になりました。息子から撮影について学ぶこともあり(←ちょっと、恥ずかしいかも・・・・)、今後も親子で自然を楽しみたいと思います。

息子からのメッセージです。

「皆さん、いつもたくさんのナイス!ありがとう。これからも撮影を頑張ります。応援して下さいね。( v^-゚)Thanks♪」

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/