2013/09/20

メタリック・グリーンに輝く重戦車?





ラテン名: Omocerus casta

過去に色々なカメノコハムシを見ていますが、これほどインパクトのある種は初めてでした。装甲車、あるいは重戦車といった感じでした。

カメノコハムシと言えば、透けてキラキラした「甲羅」が魅力的です。ところが、大型種(一センチ~)になると、透明感も金属的な光沢もなくなり、異った印象を受けます。

画像では分かりにくいかと思いますが、光が当たるとハチドリのように輝いていました。大型種としては、例外なのかもしれません。

カメノコハムシを見ていると、ひっくり返して「甲羅」の中を覗きたくなります。足もメタリック・グリーンですから、本体も綺麗なんでしょうね~。可哀想だから、触らずにサヨナラしましたけど・・・・。

ちなみに、二枚目は妻が撮影しました。私も同じアングルで撮ったのですが、部分的にピントがいまいちでした。いつも200~300ミリのズームマクロで撮影するので、ピントが合う範囲がすごくシビアなんですよね~(と一応、言い訳)。

素直に敗北を認め、妻の画像を使用することに・・・・。σ(^_^;)


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/