2013/10/06

昼行性の蛾と、息子が描いた私



ヒトリガ科、ラテン名: Antichloris viridis 英名: Satin Stowaway or Banana Moth
 
先月に掲載した赤い蛾、Dinia eagrusと同じく、昼行性の蛾です。この日に撮影した十種以上の蛾の中では、比較的地味な印象でした。それでも青い部分は金属的な光沢があり、蛾としては十分に美しいと思いました。
 
取り敢えず、種名が判明したので、他種より先に掲載しました。他は一部の属名が分かった程度です。英名がバナナ虫ならぬバナナ蛾なのですが、由来が分かりませんでした。
 
コスタリカには約八千種の蛾が記録されているそうです。図鑑が欲しいところですが、まず出版されることはないでしょう・・・・。
 
追記: 「バナナが好きな蛾らしく、バナナについて日本にも入ってくることがあるらしいです」というコメントをいただきました。四季の風さん、ありがとうございました。

 
 
四歳になる息子が、初めて描いてくれた私です。突然、アイパッドを持って来て、「ダディだよ」と見せてくれました。右手にカメラを持ち、蝶を撮影している場面で、左手に描かれているのは、ハート(心)だそうです。
 
いつになったら、こういった似顔絵を描いてくれるのかな~、と楽しみにしていたんです。親馬鹿な投稿で、すみません。
 
皆さん、良い週末を! 

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

12歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/