2013/10/08

むむむ、怪しい蝶です!(¬o¬)



フクロウチョウ属、ラテン名: Caligo brasiliensis sulanus 英名: Dark Owl-Butterfly

ラテン名がCaligo eurilochus sulanusから変更されたようです。

フクロウチョウはアメリカ大陸のみに生息している亜科の蝶です。外見だけでなく、習性もユニークで、蝶園でも定番です。

外見ですが、後翅にフクロウの目のような模様があります。そして、前翅の先端部には蛇の顔のような模様があるのですが、分かりますでしょうか。これらの模様によって、天敵から身を守っています。

また、早朝と夕方に活動し、日中は薄暗い場所に隠れています。その点でも、フクロウチョウという名前がピッタリかと思います。

この時は珍しく、朝の九時頃に遭遇しました。深い茂みから突然出て来たので、天敵の存在にでも驚いたのかもしれません。

ツアー中でも夕方近くになると、林内で飛んでいる姿を見かけます。一瞬、コウモリでも飛んでいるのかと思うような、少し不気味な印象を受けることもあります(前翅長が8~9センチもある)。

腐ったフルーツを好むので、蝶園ではバナナに群がる姿を容易に観察できます。ただ、本来の習性を考えると、明るい蝶園内にいる個体は可哀想な気がします。森と違って、薄暗い場所がそれほどありませんからね。

ちなみに、フクロウチョウの開翅シーンはまず撮影できません。蝶園の個体も同様で、開いてもほんの一瞬です。まず、ピントを合わせる余裕がありません。これは習性なので、諦めるしかないのでしょうね。表翅は少し青い部分がありますが、全体的には黒と茶で地味な色合いです。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/