2013/12/10

エクアドルの野鳥 普通種でも絶対はないんだよね~

エクアドル特集、その十三 




カオグロキヌバネドリは、友人が経営するロッジで庭鳥です。早朝、外灯に群がっている蛾を食べに、雌雄が登場するのが定番なのです。しかし、この日は雌しか姿を見せず、焦りました。別の場所で雄を見つけたので、結果オーライでしたが・・・・。

短いツアー日程の中で、この鳥は何日目のどこで見る、といった細かい「シナリオ」が存在します。勿論、生き物相手ですから、絶対はありません。それでも、このような予期せぬ出来事は、体験したくないものです。


    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/