2014/02/22

キャノン・パワーショットSX50HSで初めて蝶を撮りました!

家族旅行特集、その六
 




アメリカヒョウモンモドキ属、ラテン名: Chlosyne narva bonpland
 英名: Narva Checkerspot
 
注: 上下の画像は、別々の個体です。
 
宿泊中は快晴に恵まれ、多くの蝶を観察&撮影することができました。このホソバヒョウモンモドキは、新しいカメラで初めて撮影した、記念すべき蝶となりました。 リコーCX5では高すぎる場所にいたので、SX50HSの超望遠が威力を発揮してくれました!
 
この蝶との出会いは今回で三度目だったのですが、ここでは複数の個体が飛んでいました。そして、今まで抱いていた疑問が、ますます高まりました。図鑑ではカリブ海側のみ生息と書かれています。ところが、私は三回とも太平洋側で観察しているのです。
 
コスタリカは国土の中央に険しい山脈が走っており、野鳥でも容易に通過できません。ですから、カリブ海側と太平洋側では、生き物が異なる進化を遂げているのです(勿論、共通種も存在します)。

特集の四回目でも図鑑の信憑性を疑うような内容を書きました。著者のDevries氏は、Chlosyne narvaを太平洋側で一度も観察したことがなかっただけなのでしょうか。なんとも不思議に思ってます。
 
野鳥なら知り合いに専門ガイドが何人もいるので、容易に質問できます。しかし、蝶となると、周囲に質問できる人間がいません。最新の生息範囲、シジミ、セセリも記載された改訂版が出ないかな~。
 
皆さん、良い週末を!

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/