2014/05/19

アオボウシミドリフウキンチョウ 雄雌どちらが綺麗?



野鳥の世界では、雌が地味というのが基本です。このアオボウシミドリフウキンチョウは例外で、雌でも息を呑むほどの美しさです。高い場所にいたので、鮮明度はいまいちです(樹冠部にいる、十三センチほどの小鳥の撮影は大変なんですよ~)。
 
こうなると、雄の外見も気になりますよね。妻は、雌の方が綺麗だと主張してました。嫉妬じゃないの~?(^○^)果たして軍配は、どちらに?やはり樹冠部にいたので、鮮明度はいまいちです。
 
 


キャノンEOS7D+シグマAPO150-500mmで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/