2014/06/10

カンムリハエトリ 冠羽が開かない・・・・。


 
日本では珍鳥、ヤツガシラがいますよね。冠羽を誇示した画像を何度もブログで見ているので、比較的容易に開いてくれるように思えます。

ところが、カンムリハエトリは冠羽を開いてくれません(稀に開くと、カメラがない・・・・)。普通種なので、何度も何度も観察しています。それでも開きません。ネット検索しても、自然な状態で開いている画像は、二枚のみでした。
 
人間が捕まえて(研究、調査のため?)、足をつまんで「無理やり」開かせている画像は多数出て来ます。興味のある方は、ヤフーなどでScale-crested Pygmy-Tyrantと入力して見て下さい。冠羽が開いた状態での画像を閲覧できます。
 
ちなみに、ヤツガシラは前後に開きますが、この鳥は横に開きます。全長八センチほどの小鳥なので、なかなか大きく撮れません。この日は運良く、低い場所にいました。
 
キャノンEOS7D+シグマAPO150-500mmで撮影
  
追記: 私のブログ画像は小さいサイズばかりなので、容量をほんの僅かしか使用していません。今まで三パーセントの使用量だったのですが、それが一パーセントに減っています。これって、勝手に過去の画像が削除されているのでしょうか?
 
想い入れの強い画像もあるので、なんだか不安になりました・・・・。画像は千枚近く投稿しているので、確認するのも容易ではありません。皆さんのブログ記事や画像が、突然に消えてしまったことありますでしょうか?

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/