2014/07/16

息子が近くで開翅している個体を見つけてくれました!


 

 
トンボマダラ属、ラテン名: Ithomia heraldica 英名: Heraldica Clearwing

注: 上下の画像は、別々の個体です。

家族で植物園に行った時のことです。スプリンクラーが作動しているエリアがあり、複数のIthomia heraldicaが集まっていました。水に濡れそうになると飛び去り、また直ぐに戻って来ます。

開翅している個体もいたのですが、ちょっと距離がありました。どうしようか考えていると、息子が小声で「ダディ、カムヒア」と手招きしています。息子の目の前には、開翅している個体がいたのです。おかげで、簡単に撮影することができました。\(^▽^)/

このように腹部を持ち上げるポーズは、交尾拒否だそうです。私が頻繁に訪問する蝶のHPに、そう書かれていました。しつこいオスがいて、追い回されていたのかもしれません。

一枚目はリコーCX5で撮影
二枚目はキャノン・パワーショットSX50HSで撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/