2014/08/09

コスタリカもエルニーニョの影響なの?

家族旅行特集、その五
 

 
今年はエルニーニョの影響で、日本でカメムシの大発生が起きているそうです。エリアによっては通常時の九倍と、ネットニュースに書かれていました。

コスタリカでも同じ状況なのかは分かりませんが、ホテルの散策路で一番目立つ虫がカメムシでした。カメムシを掲載すると、かならず臭いに関する書き込みがあります。

ところが、未だに一度も不快な臭いを体験していません。コスタリカのカメムシは、滅多に臭いを発しないのかもしれません。それとも、いつも鼻詰まりで、臭いが分からないのかな~?(^▽^;)
 
リコーCX5で撮影
 


ラテン名: Edessa rufomarginata
 
息子が以前から撮影したかったカメムシです。探す必要がないくらい、たくさんいました。私が撮影した幼虫の集団も直ぐ近くにいたのですが、どうやら別種のようです。

検索の結果、Edessa rufomarginataの幼虫は、色合いも模様も異なっていました。そうなると、親はどこにいたのでしょうね。
 
このカメムシ以上に、息子が撮影を夢見ていた○○○との出会いがありました。特集の最終回に掲載します。
 
ソニーDSC-W1で撮影 
 
皆さん、良い週末を!\(^▽^)/台風の接近が心配ですが・・・・。大雨による被害が出ている皆様には、お見舞い申し上げます。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/