2014/08/26

オオホウカンチョウ♀ ストーカー行為がバレました!



オオホウカンチョウの雌を発見しました!リラックスしているようです。茂みに隠れながら、追跡を開始します!
 


・・・・と思ったら、直ぐに見つかってしまいました。冠羽が総立ちです。ストーカー行為は、野鳥の雌に対しても禁止ですね。σ(^_^;)
 
オオホウカンチョウの存在は、そのエリアの指標となります。この鳥が生息しているエリアは、まだ良質な森が残っていて、ある程度は密猟者からも保護されていることになります。

この鳥が珍鳥扱いとなっているのは、コスタリカの森林が減少し、質そのものも衰退している証でもあります。出会いはいつもエキサイティングですが、同時に、コスタリカの悲しい現状を考えさせらます。
 
キャノン・パワーショットSX50HSで撮影 
 
「息子の夢が叶いました!」の記事に、たくさんのコメント、ナイス!をありがとうございました。ナイス!の総数が百を超えたのは、初めてのことです。息子も喜んでいました。

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/