2017/05/12

セセリチョウの翅も透けています!





Phanus(和名なし?)属、ラテン名: Phanus marshallii 英名: Common Phanus

過去に何度も、翅が透けている蝶を紹介しました。しかし、それらは全てタテハチョウの仲間でした。今回はセセリチョウです。英名だとghost-skipper(幽霊セセリ)という別称もあるようです。透けている=幽霊、ということなのでしょうね。



スカシマダラ属、ラテン名: Greta andromica lyra 英名: Andromica Clearwing

こちらは「元祖」、透けた翅をしたタテハチョウの仲間です。四年ほど前に撮影しました。透けた翅をした蝶の交尾シーンは、これ以降、一度も見たことがありません。興味の対象が、野生蘭に移ってしまったからでしょうか。





タスキアゲハ属、ラテン名: Heraclides thoas nealces 英名: Thoas Swallowtail 

ラテン名がPapilio thoas nealcesから変更になったようです。
注: 上下の画像は、別々の個体です。

都心部でも普通に観察できるアゲハチョウです。我が家のランタナにも飛来します。幼虫時の姿が、鳥の糞の擬態として有名です。

四枚目のみキャノン・パワーショットSX60HSで撮影
残りは全てリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/