2014/11/19

ようやく青紫が出てくれました!


 

 
♂個体
 

 
♀個体
 
アメリカコムラサキ属、ラテン名: Doxocopa laure laure 英名: Silver Emperor
 
シロオビアメリカコムラサキのオスには、青紫の光沢があります。しかし、この青紫が上手く画像に出ません。露出をマイナス補正すると、黒く潰れてしまます。プラス補正すると、今度は「白飛び」します。先日紹介したチャボウシスミレフウキンチョウ同様に、難しい被写体です。
 
英名が「銀の皇帝」となっています。こういった性差別になりかねないネーミングは、どうなのでしょうね。今は女性が強い時代ですから、「銀の女帝」にしておく方が無難かも?(^○^)
 
アメリカイチモンジ属に模様や色合いが似ているので、混同するかもしれません。
 
リコーCX5で撮影
 




キオビアカタテハ属、ラテン名: Hypanartia lethe 英名: Orange Mapwing
 
表翅と裏翅を撮影できたのは、息子にとって初めてのことでした。種によっては、表裏の模様が全く異なることを教えました。そして、可能であれば、両側を撮るように伝えたのです。そして、同日に結果を示してくれました。
 
ソニーDSC-W1で撮影 

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/