2015/01/08

どちらの蝶が綺麗?(-_-)ウーム

追記: 勘違いされている方が何人かいましたので、追記します。今回の記事はペリアンデールツバメシジミタテハと、過去に投稿したオナガツバメシジミタテハの比較を趣旨としています。
 
記事の後半に掲載したアツバシジミタテハとの比較ではありません。ですから、記事中にあるオナガツバメシジミタテハのリンクをクリックして、比較してくださいね。
 

 


ツバメシジミタテハ属、ラテン名: Rhetus periander naevianus 
英名: Periander Metalmark
 
「こういう美麗種がいるので、蝶の観察&撮影にハマっています」と書いたら、皆さんも納得していただけるかと思います。

晴天下では青い部分が、メタリックに輝きます。去年は当たり年だったのか、何度も観察できました。特に、この日は散策路を歩いていたら、五回も遭遇しました(南米と違って、コスタリカでの出会いは比較的難しい)。
 
以前、同属のオナガツバメシジミタテハを紹介しました。ペリアンデールツバメシジミタテハと、どちらが綺麗かと思い、妻と息子に聞きました。
 
意外なことに(?)、二人ともオナガツバメシジミタテハと答えました。私は青い部分が多い分だけ、ペリアンデールツバメシジミタテと予想していました。皆さんなら、どちらでしょう?
 
過去にアップした同属のオナガツバメシジミタテハ ←クリックして比較してくださいね~。
 

 
♂個体
 

 
♀個体
 
アツバシジミタテハ属、ラテン名: Emesis mandana furor 英名: Great Emesis
 
属名の「アツバ」は「厚翅」という意味なのでしょうか?こちらは首都圏でも観察できる、シジミタテハです。葉裏に隠れているのが基本ですが、ランタナに吸蜜に来るので、撮影は難しくありません。
 
Emesis mandana furorのオスはソニーDSC-W1で撮影 
他はリコーCX5で撮影

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/