2015/01/25

続・これがシロチョウなの~ (゚ロ゚;)エェッ!?

蝶を紹介する前に、ちょっとしたエピソードを書きます。
 
先日のツアーでのことです。お客様を空港でピック・アップし、ホテルにチエック・インしました。その際、参加者の一人が私の前に来て、「S-Birdです」と挨拶をするのです。

「へっ?あのS-Birdさんですか!?」なんと、その女性は私のブログで、いつもコメントを下さる方だったのです。
 
過去に私のHPやブログで知り合った方々を何度もご案内しています。しかし、問い合わせの際に、「HNは○○○です」と事前にメールで教えてくれていました。S-Birdさんは私を驚かせるつもりだったそうです。ビックリしました~!
 

 
トンボシロチョウ属、ラテン名: Patia cordillera sororna 英名: Cordilleran Mimic-White

ラテン名がPatia orise sorornaから変更されたようです。
 
皆さんには、この蝶がシロチョウの仲間に見えるでしょうか?脚を数えてみて下さい。歩行脚が六本確認できますよね。タテハチョウの仲間であれば、前脚の二本が退化しているので、歩行脚は四本しかありません(前脚の二本は短く、歩いたり、物を掴んだりできない)。
 
この蝶も以前紹介したDismorphia theucharilia fortunataのように、トンボマダラ族(体内にPyrrolizidine Alkaloidsという毒素を持っている)に擬態しています。
 
ちなみに、ネットで検索すると、生きた個体の画像は一枚も出て来ません。アメリカ大陸に生息する蝶のほぼ全てが網羅されている巨大サイト、Butterflies of Americaにも標本画像しかありません。ですから、現時点では世界で一枚しか存在しない、生きた個体の画像かもしれません。 
 
以前に撮影したシジミチョウ、Arzecla tarpaの生きた個体の画像も、ネット上に存在しませんでした。日本と違って、蝶を撮影する人口が極端に少ないのかもしれません。
 

 
Pyrisitia属(和名なし?)、ラテン名: Pyrisitia nise nelphe 英名: Mimosa Yellow 

ラテン名がEurema niseから変更になったようです。
 
「おまけ掲載」です。キチョウって、開翅してくれません。どうしてでしょう?シロチョウは何種か開翅シーンも撮れているのですが・・・・。キチョウの開翅シーンを撮影された方いますか?
 
リコーCX5で撮影 
 

 
久しぶりに、息子がアイパッドで描いた絵を掲載します。次回からは家族旅行特集です。以前のように、こんな感じで二人で撮影は・・・・してませんけど。(T△T)

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住18年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

11歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/