2015/02/27

転んだら、目の前に蘭が咲いてました!



ラテン名: Pleurothallis carpinterae
 


こんな感じで、咲いていました。

険しい散策路は、前日の雨でドロドロ状態でした。長靴を履いていても何度も滑り、遂に転んでしまいました。すると、目の前の倒木に、蘭が咲いていました!こんなこともあるんですね。(^▽^;)
 
花の大きさは一センチくらいでした。一部がガラス細工のように透けて見えました。海外の蘭専門サイトのフォーラムで、同定をしてもらいました。
 
追記: 固有種Pleurothallis janetiaeだと同定してもらいましたが、葉形から類似種Pleurothallis carpinteraeだと分かりました。タイトルから「固有種」も削除しました。
  


ラテン名: Acostaea costaricensis
 


こんな感じで、咲いていました。
 
ラテン名から固有種かと思いましたが、そうではないようです。薄暗い林内で、ひっそり咲いていました。ちょっとした風でも揺れるので、撮影には苦労しました。こちらも液晶画面で確認したら、部分的に半透明でした。普通に散策していたら、存在に気が付かないような・・・・?
 


Stelis属の一種
 


こんな感じで、咲いていました。

花の大きさは三ミリほどあります。このサイズになると、優秀なリコーのズームマクロでも厳しいです。特に、撮影環境が薄暗いので・・・・。ステリス属には類似種が多く、よほどの特徴がない限り、同定が困難です。
 


ラテン名: Camaridium nutantiflorum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
少し高い位置に咲いていたので、斜面に登って撮影しました。足元が不安定だったので、撮影が大変でした。崖下に落ちたら、救助隊が来てくれるのかな~。 (^▽^;)
 
全てリコーCX5で撮影
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/