2015/05/23

エクアドルの蘭 プライベートで蘭探しに行きたくなりました!

エクアドル特集、最終回
 


Specklinia属の一種
 


こんな感じで、咲いていました。
 
最終日、チェックアウト寸前にロッジの敷地内で見つけました。半透明で繊細なガラス細工のようでした。今回見つけた蘭の中で、一番のお気に入りです。花の大きさは四ミリほどあります。
 


ラテン名: Pleurothallis prolaticollaris(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
こちらもチェックアウト寸前に見つけました。わずか十分足らずで、こんなに魅力的な蘭が二種も!ホント楽園ですね。コスタリカで蘭探しをしても、半日歩いて三~五種程度しか開花している株を見つけられませんから・・・・(←普段は結構、苦労して探しています)。

blog_import_5a1253be0aa57_20190327123538ead.jpeg

ラテン名: Cyrtochilum myanthum
 


こんな感じで、咲いていました。
 
初めて見る属で、個々の花は一センチくらいあります。枝垂れ咲きではないですが、小型のオンシジュームを連想しました。
 


ラテン名: Lepanthes odobenella(固有種)
 


こんな感じで、咲いていました。
 
レパンセス属は葉の裏側に花が咲いているのが定番ですが、この時は表側でした。最近の経験から考えると、種ごとに違うように思えます。花の大きさは三ミリほどあります。

全てリコーCX5で撮影
 
タイトル通り、仕事ではなくプライベートで蘭探しに行きたくなりました。世界一を誇る約四千種の蘭が、私を待っている~。でも、旅費はどうする?(^▽^;)
 
蘭の分類は非常に複雑で、種名が複数存在することも珍しくありません。昔の属名が現在でも普通に使用されていたりします。属名、種名に関しては、下記のサイトを参考にしています。
 
 
エクアドル特集は今回でお終いです。まだ未掲載種があるのですが、別の機会に紹介したいと思います。次回からは再びコスタリカに舞台を移します。皆さん、良い週末を!\(^▽^)/

    

コスタリカの野鳥ガイド

在住17年目。プライベートでは、主に野生蘭のデータ収集(保護活動の手伝い)、撮影をしています。

10歳の息子(デビューは5歳)が撮影した野鳥、虫なども掲載しています。

12年ほど続けてきたヤフーブログから、引っ越して来ました。

健康上の理由で、以前のように長時間パソコンできなくなりました。ですからコメント欄は、閉じてあります。

リコー社(当時はペンタックス社)のポータル・サイトで執筆したコラム、「PURA VIDA!」のアドレスです。

http://www.ricoh-imaging.co.jp/japan/photo-life/archives/tsuyuki/